北条早雲を祖として小田原を中心に繁栄し、2016年大河ドラマ『真田丸』では俳優たちの怪演で話題となっている後北条氏。1590年に行われた豊臣秀吉による小田原征伐によって戦国大名家としての後北条氏は滅亡しました。しかし、この戦いを生き延びた後北条氏のその後や北条家の子孫の繁栄状況など、気になる点がいっぱいありますよね。

そこで後北条氏のその後を追うとともに、子孫についても解説してみたいと思います。

スポンサードリンク

北条氏直と板部岡江雪斎のその後について


後北条氏のその後を考えるにあたり、まずは『真田丸』に登場していることでその名を広く知られるようになった北条氏直と板部岡江雪斎の2名に注目してみましょう。

この2名は北条氏政と比較すると穏健派であり、豊臣方と和解の道を探っています。


小田原征伐がおこると小田原城に篭城した北条氏直ですが、最終的には豊臣方に降伏しました。このとき、氏直は自らが切腹するかわりに部下の命を助けるように秀吉に嘆願しています。秀吉は氏直のこの願いに感じ入り、また氏直が徳川家康の婿であったことから、高野山に蟄居を命じます。この点は主戦派の氏政や氏照が切腹をしたことと比較すると、かなり寛大な処置であったと言えますね。

その後、北条氏直は1591年に秀吉から許され、河内と関東に合わせて1万石を与えられます。
しかし、同年に天然痘にかかり、わずか30歳の若さで亡くなりました。

※参照:北条氏直の系図がすごい理由とは?人物像や評価にも迫る!


一方の板部岡江雪斎は北条氏に3代に渡って仕えた重臣で、北条氏の外交官的役割を担っていました。1589年には沼田問題解決と北条氏政上洛の調整のための使者として秀吉のもとを訪れています。この時、江雪斎は秀吉からその才能を気に入られたようで、小田原征伐後は秀吉の御伽衆として活躍するとともに、名を岡野と改めます。

秀吉の死後、板部岡江雪斎は息子が徳川家康に仕えていたことを縁に家康に接近し、関ヶ原の戦いでは小早川秀秋に東軍に寝返るよう説得にあたりました。その後も家康に仕え、1609年に亡くなっています。

これを見ると、板部岡江雪斎は外交的手腕を武器に、上手に戦国の世を渡り歩いたという事になりそうですね。小田原征伐に対して穏健的立場であった氏直と江雪斎のその後とは、共に秀吉によって優遇された点が共通しており、江雪斎は秀吉・家康と天下人のもとを渡り歩いたことが特徴と言えるでしょう。

スポンサードリンク

北条氏照、北条氏邦、北条氏規のその後について


では、北条氏政の弟である北条氏照、氏邦、氏規兄弟のその後はどうなったのでしょうか。

まずは北条氏照ですが、氏照は豊臣方との徹底抗戦を主張し、居城である八王子城を重臣に守らせて自らは小田原城に篭城しましたが、秀吉の命で兄・氏政とともに切腹しています。

その弟である北条氏邦ですが、野戦を主張するものの受け入れられず、居城である鉢形城にこもって前田利家軍と戦いますがやむなく開城します。その後、氏邦は前田利家の嘆願によって切腹を回避し、剃髪して能登に1000石を与えられました。

また、北条氏規は豊臣政権の窓口として、板部岡江雪斎とともに和解の道を模索した事で知られています。しかしその努力は報われず、氏規は小田原征伐の際には韮山城にて篭城し、40000名を超える豊臣軍に対し3600名程度の兵士で戦いました。やむなく降伏した後は氏政・氏直にも降伏するように説得をしています。

戦後、氏規は甥の氏直とともに高野山に蟄居したものの、後に秀吉に赦免され河内7000石を与えられ、最終的には 1万石未満ではあるものの狭山城主に任じられています。


氏政の3人の弟のその後を比較すると、主戦派である氏照と氏邦は切腹・剃髪という処罰を受け、豊臣方との和解の道を模索した北条氏規のみが赦免される結果となっています。

3人のその後とは、秀吉に刃向かったのか否かが分かれ目になったと言えるでしょう。

※参照:小田原征伐おける徳川家康の行動や北条氏規との交渉について

後北条氏の子孫と北条氏盛の狭山藩について


それでは、後北条氏の子孫はどうなったのでしょうか。

後北条氏の5代目の当主である北条氏直には直系の息子がいなかったため、叔父である北条氏規の息子・北条氏盛が養子に入り、氏直の所領である下野4000石を相続しています。やがて氏盛は、父・氏規が死去した際には河内7000石を相続しています。氏盛はこうして合計11000石の大名となり、初代狭山藩主になりました。氏盛は関ヶ原の戦いでは東軍の西尾吉次隊に従軍し、江戸幕府開幕後は徳川家に仕えています。

氏盛の死後、狭山藩は12代に渡って北条氏が支配し、財政難などの危機はあったものの明治維新を迎えるまで存続しています。明治維新後、12代狭山藩主であった北条氏恭は子爵に列せられました。その四男である北条雋八は公明党の参議院議員として、またその甥である北条浩はその支持母体である創価学会の4代目会長を務めた事で知られています。

また、後北条氏の歴代当主の弟たちやその家臣団の子孫にも存続した者は多く、少なくない人々が旗本や各地の大名の家臣となっています。

後北条氏は、北条早雲に始まる大大名家としての地位は失ったものの、その血脈は着実に受け継がれ、北条氏盛を筆頭に代々狭山藩主として約260年間に渡って所領を守り続けたのです。秀吉という天下人と争いながらも、その家系を今に至るまでに維持している点に、後北条氏の強さやしたたかさを感じます。

この記事のまとめ


小田原征伐で戦国大名としては滅亡した後北条氏。

しかし、秀吉との和解を画策した北条氏直や氏規は赦された後に所領が与えられ、板部岡江雪斎は外交能力を活かして秀吉・家康という権力者に仕えています。一方で、主戦派であった氏照は切腹、氏邦は除名嘆願により剃髪といった哀れなその後をたどっています。

後北条氏は家系までが断絶したわけではなく、秀吉から与えられた所領を合わせることで北条氏盛の代には狭山藩主の地位を手に入れています。狭山藩は以後明治維新まで続き、12代藩主が華族に列せられたことからも、後北条氏のその後とは、必ずしも不遇であったは言えないと思います。むしろ氏盛以来所領を大きく減らすことなく家系を維持した点が評価でき、そこに北条氏の強さを見出すことが可能でしょう。

スポンサードリンク