戦国時代の後北条氏は、関東地方で100年ほど繁栄していた有力な一族です。家紋は三角形を3つ使っている三つ鱗ですが、その由来はどこにあるのでしょうか。

また、後北条氏はこの「三つ鱗」とは別に、「対い蝶」という替紋を用いているのですが、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

今回は、この2つの疑問を解決していきたいと思います。

スポンサードリンク

北条家の家紋「三つ鱗」は執権時代の模倣だった?


戦国時代の北条家が「三つ鱗」を家紋とするようになったのは、初代早雲を継いだ2代目氏綱の代からだそうです。2代目の頃から伊勢の代わりに北条の苗字を使用することになりました。

北条家は関東統一を目指していたこともあり、伊勢氏よりも重みのある伊豆の地名である北条の氏を使用し、執権政治の頃の北条氏を模倣するかのようにその家紋「三つ鱗」を使い始めたと言われています。違いとしては、鎌倉の北条氏が正三角形を組み合わせた「三つ鱗」であるのに対し、後北条氏は二等辺三角形を組み合わせた「三つ鱗」ものを使用している事です。

貼り付けた画像_2016_06_10_9_02
※参照:後北条氏(小田原北条氏) 【グレゴリウス講座】


後北条氏は、執権政治の北条氏の制度を真似している部分が多くあり、家紋もその一つだったと言えます。当時の歴史においても名門一族の名、いわばブランドである家紋を使用したことは、後北条の権威を示し、他の家への脅威にもなっていたのではと思います。

※参照:北条氏直の系図がすごい理由とは?人物像や評価にも迫る!

「三つ鱗」の起源はお告げをした女性にあった!?


後北条氏の家紋は、執権政治の時代の北条氏の模倣したものなので、その家紋である「三つ鱗」の由来は、執権の北条氏ということになります。
では、執権の北条氏が家紋に「三つ鱗」を用い始めた由来は何だったのでしょうか。

初代執権、北条時政が経験した「ある出会い」がこの家紋の由来とされています。

北条時政が子孫の繁栄を江ノ島弁財天に祈願した満願の夜、その出会いは起きました。突然、高貴な服を身にまとった女性が目の前に現れ、北条家の未来についてお告げをしました。女性はその後、大蛇に変身し海中に消えたそうですが、その後ろに三枚の鱗を残していたそうです。その結果、北条時政は残されていた三枚の鱗を家紋に使用することにしました。

これが北条家の家紋「三つ鱗」の由来であるエピソードです。

子孫繁栄を案じていた北条時政にとって、この家紋は一族を見守ってくれる頼もしい存在であってほしいと考えていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

支配のために使われなくなった北条家の替紋「対い蝶」


北条家の家紋は、「三つ鱗」ですが、使用し始めたのは2代目の氏綱の代からでした。

では、初代の早雲は何を使用していたのでしょう。


そもそも早雲は北条氏を直接名乗った記録はなく、伊勢氏を名乗っていたとされています。つまり、伊勢氏の家紋が最初の家紋ということですが、それは「対い蝶紋」です。これは平氏の紋の一つです。

貼り付けた画像_2016_06_10_9_08

家紋というのは一家で複数のことがあります。北条家を代表する紋は「三つ鱗」であり、これを「定紋」と呼びます。一方で「対い蝶紋」のように、これまで使用していた家紋や、他に新しく加えられた紋を「替紋」と呼んでいます。

定紋、替紋の2つには上下関係等はありません。


北条家自体が、鎌倉執権時代の「北条」を使用することで支配を広げていったので、早雲以来の「対い蝶紋」でなく、権威の象徴である「三つ鱗」を使っただけだと思います。

スポンサードリンク

この記事のまとめ


後北条氏の家紋として知られる「三つ鱗」は、もともとは鎌倉時代の執権、北条氏の模倣でした。この家紋の由来には、蛇に変身した女性が残した3枚の鱗のエピソードが残されています。

また、後北条氏が三つ鱗を使ったのは2代目の氏綱からで、初代の北条早雲は替紋である「対い蝶」を使ったと言われています。

戦国時代の北条家は、家紋をはじめ執権時代の北条の模倣ばかりをしていますが、100年ほどの力を持っていたことを考えると、知名度を利用し、権威を示す方法は失敗ではなかったのではないかと感じます。